soul trip | dint

dint は、現在準備中です。

2020/05/08 19:56

アンデス山脈を越えた、ここプカルパは

都心部のリマとは気候がガラッと変わり、12月とは考え難い蒸し暑さだった。

ヤリナコチャの船着場から、信用度の低い今にも沈みそうなボートに乗り込み

今回の旅の最大の目的である、サンフランシスコビレッジへと向かう。



目の前に広がるアマゾンの熱帯雨林と青空、

今まで見たこともない野生の動物や川の鳥たちがそこら中にいる。

超自然の中の灼熱と川のしぶきに感動し、涙が出てきた。



村の船着場が見えると、子供たちが水遊びをしていた。

みんな物怖じせず、無邪気な表情で挨拶してくる。

メインストリートらしき道に出ると、ポツポツと人がいて、座って談笑している。

片言で「スイピノ」と目的の集落の場所を尋ねると、方角を教えてくれた。

途中、急に大雨に見舞われ、無銭のタクシーで真逆の場所に連れていかれたり、散々だったが

そのあとにヒッチハイクした車の運転手が、

たまたまそのスイピノのマエストロ(シャーマン)のファミリーだったっていう奇跡的な展開。

この旅は、何か不思議な力によって導かれているのかもしれない。

この巡り合わせに感謝すると同時に、その宿命を受け入れた。



シャーマンの口ヘルさんに事務所的な場所へ案内され、受付を済ませた。

とりあえず、2泊3日1セレモニー、米ドルにして90$くらい。

金額は前もって聞いていたので納得できた。

セレモニー(儀式)は2回くらい参加しようか、この時も悩んでいたが、

物足りなかった時にまた日数含め追加交渉しようと思った。

ここスイピノでは、セレモニーは土日を除き1日置きに行われ、

空いた日には各自で、プラントのサウナに入ったり、

煙草の葉を煎じた飲み物を飲んだりと、セッティングのための時間に使う。


そのあと案内された小屋には、蚊帳張りのベッドと枕元に小さなテーブルが一つ

それとロウソクの束と蚊取り線香とマッチのセットを頂いた。

トイレやシャワーも水が流れ、機能している。

元々、池とか最悪水たまりで体を洗う覚悟をしていたくらいだったから、

この設備にはテンションが上がった。


じつは、ここに来るまで行きの機内から丸2日近く、セッションに向けて

水とガムしか口にしていない状態で、さすがに空腹が限界に達していた。

集落で知り合った日本人のケンタロウ君に聞くと、そこまでハードな節制はせずに

食事もしている様子だったので、儀式の前日だし夜以降食べなければ平気かなと

自分の中で折り合いをつけ、少しだけ食べることにした。(ハーフサイズのカロリーメイト3箱程)



食事を終えると、眠気が襲ってきた。

夕方から、24時頃までぐっすり眠った。

そのあとは、朝までうとうと夢を見ながら、寝ているのか起きているのか

分からないような状態だったけど、心身ともにリラックスして横になっていた。

このアマゾンの非日常的な環境がそうさせているのかも知れない。







~セレモニー当日~

朝起きると、シャワーに入った。

シャワーからは水しか出なかったが、池よりかは2000倍マシだし、

すべてが初めての経験だったから、楽しくて気持ち良かった。

外は相変わらずの、熱帯雨林特有の雨が降ったり止んだりの不安定っぷり。

ごろごろしたり、日記を書いたり、のんびりしていたらすぐに夕方になった。

夜が近づき、高まる緊張と高揚感の中で、

気持ちを落ち着かせ、物事をポジティブに考えることに努めた。

アヤワス力はそういった心のセッティングが大事なのらしい。



20時手前、ブランケットと水と携帯を持ってけんたろう君のコテージへ行ってみた。

彼はテラスに腰かけ、キセルで妙な葉っぱを吸っていた。

奥のコテージから日本人のたかし君と、名前を忘れたけど韓国人の男の人が出てきて、

4人で、セレモニーの場所へと暗闇の中歩いて行った。

到着した場所は、ドーム型の広い体育館のような建物で、

室内は壁に面して布団がサークル状に敷いてあり、掛け布団や嘔吐用の桶が置かれていた。

灯りは中央にある祭壇のようなお供え物の場所にあるだけ。

人種、性別を問わず20人程の人が集まっていた。

布団の上でごろごろしながら、セレモニーが始まるのを静かに待った。


暗闇の中、手持ちライトの灯りとアヤワス力の瓶を手にしたシャーマンがやってきて

小さなグラスにアヤワス力を注いで回る。

自分もグラスを手渡され、濁った黄土色のアヤワス力がグラス半分くらい注がれ、

何も考えず一気に飲み干した。後味の悪さたるや、、

その後、しばらく静寂が続いた。

時間にして20分くらい経ったころ、体の内側からソワソワしだした。

アヤワス力がジワジワと全身に巡っているのを感じ始め、

その内、じっとしていられなくなり身じろぎしだす。

もうろうとした意識の中、突然幾何学模様のビジョンが見えた。

目をつむって見ているのか、目を開けたまま見ているのか、わからない。

その間10分くらいだったと思う。

やがてシャーマンが自分の目の前に来て腰を下ろし、何かを唱え始めた。

途端に涙が出てきて止まらなくなり、

両手で顔を塞いでも、涙があふれ出てくる。

言いようのない、大きな愛の波を全身全霊で感じた。

生まれて初めて、自分の想像をはるかに超える大きな愛のエネルギーに

自分は包まれているんだと知った。

シャーマンは立ち上がり指先で空を切り、水のようなものを頭に吹きかけてくれた。

涙がまたあふれ出して止まらない。

両手を合わせ感謝の気持ちを込めて、ありがとうと言った。何度も何度も。

このまま真っすぐ、家族や仲間や敬愛する人たちに会いに行きたいと思った。



シャーマンが唄う「イカロ」という言霊に、精神は支配され解放された。

外の草木のざわめく音や、遠くからコウモリがやって来る音、

普段だとまず聴こえないような音が聴こえる。

極限のサイケデリックも峠を越えてきたころ、吐き気を催し、

次の瞬間、腹の底から嗚咽とともに体内の'毒'をアヤワス力と一緒に吐き出した。

ほとんど、まともに食べていなかったのに何度も吐いた。


吐ききって落ち着いてくると、冷静になり

頭で考えていることが現実に起こりそうで恐くなってきた。

客観的に見たら、だいぶ情緒不安定だが、、それでも必死に自分の意識と戦っていた。

5時間くらいした後で、徐々に意識も落ち着いてきたが、

呼吸はまだ乱れていて、とても寝付ける状態じゃない。

眠れないのがつらくなり、長い夜がうっとおしく思う。

まさかの終盤にバッドに入りかけたけど、なんとか持ち直した。


やがて朝になり外も明るくなっていたが、雨が一向に降り止まない。

若干降りがゆるまったタイミングで、ひとりでコテージに戻った。

戻るとすぐに、残してあったカロリーメイトを水で流し込むと、気分が一気に落ち着いた。

食べる前からそうだったげど、体の内側からクリーンになっている感覚があり、

それは日本に戻ってからもしばらく感じていた。


当初、アヤワス力は飲んだあとに続けてやるか判断するつもりで、

実際飲んで2時間くらい経ったピークの時、もうこの1回で終わりにしたいと心底思った。

何ものにも代え難い貴重な経験だったことは間違いない。

何年後かして、また行ってみたいって思うかもしれないし、思わないかもしれない。

ただ、今言えることは

今回の経験によって、生き方に対しての考え方が大きく変わった。

この歳になって、これほどの体験が出来ることってそう無いと思うから

自分はツイてたな~と思う。



知り合ったばかりの日本人のたかし君が、

セレモニー翌日の10時頃帰るという話を聞いていたので、

それに便乗して一緒に帰ることにした。

外は変わらずのどしゃ降りだったが、それでもすぐに帰りたかった。

9時頃には雨も幾分落ち着いてきたので、たかし君と話し出発することにした。


この3日間、凄まじくスピリチュアルで濃密な3日間だった。

シャーマンと自分に関わった人達とアマゾンの大自然に最大級の感謝を。

そして、アヤワス力よ ありがとう。

Save the nature